So-net無料ブログ作成
└ たまにゃ真面目に語らせろ ブログトップ
前の10件 | -

手放したものが [└ たまにゃ真面目に語らせろ]



正解だったことに

今、気づいた。



何か、手放してから

かなり経ってけど

憑きものが落ちた感じ。

ラクだぁ~(*^▽^*)


太ってちゃあそんなに悪いのか? [└ たまにゃ真面目に語らせろ]



人に蔑まされるほど

大悪なのか?



今回の体操観戦で

ちょっと知り合った同年代の子だけど

感じが悪いから

あんまり好きじゃないんだけど

今日は、向こうから寄ってきたから

一緒に並びながらしゃべっていたら

途中で、私の方をジロジロみながら

「年を取ると太るのが嫌なんだよねぇ。」

とか、言い出した。

それは、偉いと思う。



確かに私は太っているし

みっとも良くないのも自覚しているし

言われても仕方がないことだけど

何で太ったかなんて

全く知らないんだし

しかももう1人その場にいらして

その方は初対面の方なんだけど

その場の空気を察知されたのか

フォローに回られて…。



私、咄嗟にそれを笑いに変えようと

ちょっと自虐ネタ振りまいたけどさ

正直、辛いんだよね…。



元々太りだしたのは

発達障害の二次障害で抑うつになって

お薬を服用しだしてからなんだけど

更に、新しく一生飲むお薬を処方されて

そのせいで肝機能が悪くなったり

筋組織が破壊されやすいお薬なんで

動くのがだるくなっちゃったり

筋肉がごっそり落ちちゃったり

眠くてなかなか外に出られなくなっちゃったり…

落ち込んで寝てばっかの時もあったなぁ…

毎日、病院に点滴しに行ったり…。



あの頃は、みんなに心配かけちゃったね。

今は、それほどまでに落ちることはないけど。




って、

そんなのは、いちいち言わないけど

今日は、一生飲むお薬の影響もあるって

思いっきり伝えといた。

だって、言わなきゃわかりそうにもないタイプだもん。

で、入場してからは

思いっきり別々のところに座ったよ。

あの人と一緒にいるの嫌だもん。



受動型の私にしては

よく頑張った方かもだよ。



でもね、その人が嫌いって気づいたの

昨日くらいかな。

会って2日経ってから。

気づくの遅いってのか

本当にタイムラグがあるんだよね…。

その場でわかりたいけどさ。



だから、今日はその場で言えたし

不快に感じることもできたし…

でも、結局気を遣って

自虐ネタにしちゃったんだけど

その後に距離を離せたのは

思いっきり良かったと思ったよ。

もう会いたくないし

会っても挨拶程度にする。

それでいいんだよね?



はぁ、書いていたら

ちょっとスッキリしてきた。



でも、身体のために

痩せなくちゃならないけど

肝臓とかの関係で

急激に痩せないだろうからね。

気長にやってみる。



つか、こんな嫌な目に

ずっと遭うんだろうなぁ…。

そこんとこちょっとゲンナリ(ノД`)


我が家の地震対策を考えてみた [└ たまにゃ真面目に語らせろ]



昨日、東海ローカルな情報番組を見たら

うちは、遠州灘の表浜の海岸線から5キロちょっと。

決して安全とは言えないみたいだ。

そして、その我が家から南に100m以内に

国道一号線が通っているし

北側には200m以内に東海道本線の駅と

新幹線の高架があったりする。

新幹線と並行して川も流れている。

もし、我が家に津波が来たら

そこら辺も全部寸断される公算が高い。



津波の高さは、

果たしてどれだけになるのか見当がつかない。

今回のように10mなのか?

それよりももっと高いものなのか?

20mなんてのが来たら

多分、我が家まで達するかも知れない。

みっちは、高低差があるから大丈夫って言うけど

それだってわからないし。

実際、表浜の海岸線よりは土地の高さは高いけど

すぐそばを通っている国道一号線よりも

2m以上低い位置にあるし

川の土手からの高さだって2mないし

安心してはいられないと思う。



東海地震、東南海地震の揺れの部分の対策は、

細かく仕切られた部屋ばかりで

割合壁の多い家に住んでいるので

辛うじて耐えられると思うが、

津波に対しては、全く考えが及ばなかった。

どこか対岸の火事なところがあった。



今回の地震直後に避難先を確認したが、

うちの地区の避難所は、

我が家よりも海岸線より。

しかも徒歩で20分もかかる。

なら、いっそ

避難所と真反対のうちの実家に逃げようと思う。

うちの実家は山の中腹にあり

うちよりも10m以上高台にある。

そちらに逃げようと思う。



元々、我が家にはシニアの中型犬が3匹もいるので

小学校や公民館に避難しても

車で生活しなければならないし、

うちにいる時に被災したら

わんこたちと一緒に実家に行こう。

津波は、すぐにやってくるけど

最大波は、少し遅れてやってくる。

なら、それまでの時間を

必死に実家まで逃げよう。

実家まで歩いて20分。

最大波が到達するまでに間に合うかも知れない。



実家の方が古いし、造成地であるから

正直、揺れの方が怖いが

とりあえず高台に登りさえすれば

津波の被害は免れる公算が高い。



家に色々備蓄するついでに

実家にも備蓄しよう。



父も元気だと言っても

70が目前だし、

母も大病を治している途中だし、

もしものために用意しておこう!



同じ町に住む弟2号の家は、

避難所である小学校に近いから

津波でもしもの時は、実家に避難するように

伝えておいた方がいいかも知れない。



弟1号は、豊川市の方だが

豊川(とよがわ)の堤防に近いし

堤防よりかなり低い土地だし

元々、沼地を造成したところだから

土地が軟いらしい。

震度6強予想地帯だし、揺れの方が心配。



こうしてみると、我が家の親族も

安心していられない現状がわかる。



ちなみに、弟3号は岐阜市に住んでいるけど、

街中の方なので、それはそれで大変かも知れない。



つか、現場監督の父は良いとして

弟1号も3号も屋根の上で作業することが多い。

(2人とも建築板金業を営んでいる)

屋根から落ちないか心配。

命綱って使っているのかなぁ…。

多分、そんなのないなぁ。



一人親方の弟1号はいいとして、

弟3号の方は、従業員の方がいらっしゃる。

そこんとこも提言した方がいいかな…。

多分、聞かんとは思うけど(苦笑)



つか、心配性って言われるかもだけど、

これくらい考えても全然足りないし

天災に対して、勝手に天井を決めたら

絶対にいけないと思った。

被害予想なんて、ただの机上の空論ってことを

私たちは、知ってしまったのだから…。



尽くして尽くし足りないと思うから

とにかく、あらゆる可能性は考えなければ!

とにかく、頑張ってみるよ!









愛知県知事選挙 [└ たまにゃ真面目に語らせろ]



世間では、名古屋市長選の方が騒がれていて

もちろんテレビ局も名古屋中心だから

そちらの方をクローズアップしていて

どちらかと言えば情報の少なかった知事選だが、

それでも情報を集めてみると

誰に入れようか迷うくらい

誰にも魅力を感じなかったのが

今回の正直な感想で

まぁ、誰に投票したかは言わないが、

本当に投票所で投票用紙に候補者名を書くまで

迷いに迷った選挙だった。



前回までは、どちらかと言えば

県政に対して不満も持っておらず

知事選も信任投票に近い感じだった。

確かに生活は楽ではないが

(てか、私が浪費しているだけだが(^^;)

それでもよくやってくれている方だと思う。

もちろん、リーマンショック以降

県の財政が急激に悪化したことはあるが

それでもサービスの低下はさほど感じない。



ただ、そのままで良いはずもなく、

新しい知事を選ぶなら

県に有益な方を選びたいので

色々と考えてみたのだが

本当に迷ってしまった。



政治系の番組はよく見ているが

それでも勉強不足なことも多く

そこに出てくる顔に流されてしまうのも

もしかするとあるのかも知れないが

それだけで動かされていたら

結局のところ、

政治局面にばかり目が行ってしまい

肝心の自分たちの生活が

なおざりになってしまう気がする。



それにしても

候補を最後の最後まで選び切れない

自分に対して不甲斐なさを感じる。

誰でも同じと言っている限り

県政が良いものにならないと思っている。

そこら辺りの選ぶ力を

養わなけれいけないと富に感じている。





nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

心の旅 [└ たまにゃ真面目に語らせろ]



なぁんて大袈裟だけど

そんなことしたくなるような

そんな出来事に出くわしました。



それから

私の存在自体や

果ては存在理由から

生まれ落ちて良かったのか

そんな思春期みたいに青いことまで

真面目に考えちまった訳で…



正直、辛いですね…。



こんな自問自答は

すっごーく前に卒業したはずなのに

実は全然手放せてなくて

また堂々巡りって

ただの大馬鹿者でしたね…。



とりあえず

しばらくは心の旅です。

自問自答は続いていき

いつかどこかにたどり着くでしょう。

たどり着く先も何となくわかっています。

わかっているのですよ。

でも、わかっているだけ辛いです…。

早く解放されたいですね。

人としては

どうかと思いますけど…。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

母のこと [└ たまにゃ真面目に語らせろ]


最近、親子愛な話に触れる機会が多く
そんな時にしっかり涙してしまう
意外と泣き虫なぴかです(つ_;)ノ


でもね、
私自身は
親と距離取りまくっていて
全然親孝行ではないんですけどね…
でも、親の立場としては
子供たちをしっかりと愛しています。

みっちやうちの子を見ていると
親…特に母親の愛情を
しっかり受けてきた人は
ホント強いと思います。
後ろ盾があるから
何かあっても最後の砦があって
乗り切ることができるんですよね。

けど、私にはそれがなかったから
肝心な時に弱いです…。

もちろん、今さらそんなもんを
母に求めようなどと思わないし
実際、母に接すると
むくれられたり、すねられたり
母を怒らすのが怖くて
無理に明るくいい子を演じて
疲れて寝込むのが常なので
距離を取るように言われているんですけどね…。

40にもなって
母が怖いなんて情けないです…。

最近は、母も少し理解し始めたから
私に連絡取ろうとしないけど
母は、ボーダーで
1番私を取り込んで
私に甘えようとしているから
いつ接近してくるかわからないし…。

母は、自分では気付いてないし
自分はいい人間だと思っているので
子供って自覚がないんですけど
本当に子供のような人です…。
祖母がなくなって
母を甘やかす人がいなくなったので
少し恐怖に感じてますが
今のところ影響はないです。

てか、こんな風にしか
母を見ることができないって
やっぱり異常ですよね…。

けど、母は感情で生きる人で
私は理で動くタイプなんで
どうしても親子逆転するし
気を遣いすぎて疲れるんですよね…。

母的には、自分に従って
自分に甘言を囁く人は善で
自分に逆らって
自分に苦言を呈したりする人は
悪と言うのか
わがままな人扱いなんです。

自分がどれほどまで人を振り回し
不快にさせているのに気付かず
反対に、自分が振り回されてると思っている…
そんなおめでたい人です…。

私が最後まで母と相容れない点は
やはり、昔、駆け落ち蒸発したことですね。

もう、私も大人になったので
どんな事情だったかわかるし
その行為自体は責める気もありませんが
結局のところ、彼女の中では
自分は悪くなくて、父が悪いと
被害者のまんまで
私たちに対する謝罪とか、贖罪の気持ちが、
これっぽっちも見られないので、
この点だけは受け入れられないですね…。

やってしまったことは仕方がないけど
罪の意識を持って欲しいし、
私たちに言い訳しないで欲しいし、
自分を正当化しないで欲しい…
それだけですね…。

うちら姉弟は、
母が出ていった時に
お前らが可愛くないから、
いい子ではないから、
よその男と出て行ったんだと、
父にも祖父にも言われ続けてたけど、
みんなそれに反論することもなく、
黙って聞いているだけで、
それぞれ傷ついていたと思うけど、
誰も母を責めなくて、
やっぱり自分を責めていて…
そんな気持ちも多分母には届いてないですね…。
そういうのわかる人ではありませんから…。

でも、私は距離を取っているけど
弟たちは母の呼び出しとかに従って
優しいと思います。
それを自分の手柄みたいに言い触らして
自分を慕ってくれていると勘違いして

やっぱり嫌悪感しか出てこないです…。
こんなことしか書けない自分が
情けなくなりますねぇ…。

やはり、私も心の奥底では
母のことを怨んでいるんですよね…。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

行間 [└ たまにゃ真面目に語らせろ]



よくね

行間を読むって言うけど

なんか

その行間から

物悲しさが読み取れて

切なくなる文章に

出会っちゃって

不覚にも

泣いちゃった…。



もちろん

それに加味する他の要素も

切なくなった原因だけど

胸が押し潰されそうな

そんな何とも言えない刹那が

とめどなく襲ってきて

泣かずにはいられなかったよ…。



悲しいね…。



だからって

何かできるわけじゃないけどさ。

てか

何もできないもどかしさにも

泣けたのかな…。



その行間が

とても

切なかったよ…。

悲しいな…。





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

65年目の夏 [└ たまにゃ真面目に語らせろ]


今年も8月6日が来た。
叔母にとっては忘れられない日。
広島に原爆が落とされた日。

叔母は爆心地の近くにある生家で被爆した。
すでに成人していたが、
原爆で全ての歯を失った。

叔母がなくしたのは、それだけではない。
幼き弟さんと大事なお母さんを失った。


みっちと結婚して、原爆が身近になった。
家の墓のそばで見た、20名以上刻まれた碑。
皆、8月6日原爆死とある。
衝撃を受けた。

あれから20年以上経つが
あの時の衝撃は忘れることができない。


子供たちが少し大きくなってきた頃
私が平和公園に行きたいと言うと
義母が制止した。
子供には恐ろしいじゃろう、と…。
聞くと、義母は直後に広島入りをして
地獄絵図を目の当たりにしたらしい…。

義母は呉の海軍に勤務していたため
救護のために直後に広島入りをしていた。
二十歳過ぎの義母には、あたりにもむごい光景だったらしい。
忘れられないと言う。

義母は、いわゆる二次被爆だが
もちろん手帳はない。
そんな義母も
今年の正月に85でガンで亡くなった。


叔母は、義母より1つ年上だ。
最近、認知症のようになってきた。

義母の葬儀の後
義姉が叔母のお母さんのことを教えてくれた。
結婚して20年知らなかったことだった。
弟さんのことは、
結婚して10年以上経ってから
義母が教えてくれた。

叔母から直接聞いた話は
被爆して倒壊した家の下敷きになり
死にたくないと
必死で這い出し一命を得たこと
代わりに歯をなくしたこと
それだけだった。
家族の話はなかった。

私はただただ
叔母の話を聞くだけだった。
それ以上、
聞いてはいけない気がしていた。

でも、
本当は聞いておくべきことだと思っている。
叔母の記憶がしっかりしているうちに…。
忘れないうちに…。
忘れられないとは思うけど…。


今年も8月6日が来た。
あれから65回目の夏だ。



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

原爆の日。 [└ たまにゃ真面目に語らせろ]


 広島県出身の夫と結婚して
 身近になった原爆の日。
 80半ばになる被爆者の叔母が
 この頃病気がちで気掛かりだ。
 でも、こちらの心配をよそに
 気だけはしっかりしている。
 反対に若い私たちの方が心配されてしまう。
 世話焼きの叔母らしい。

 そんな叔母が被爆者と知ったのはつい数年前。
 結婚して10年以上経ってから…。
 話の流れで被爆者だと知った。
 叔母は被爆直後の話を淡々と語ってくれた。

 義母が後から教えてくれた。
 あの日、叔母は幼い弟さんを亡くしたことを。
 叔母が何に対しても一生懸命で気丈なのは
 あの地獄を見たからだろうか…。
 幼かった弟さんを思ってか…。

 夫と結婚してから
 原爆に纏わる話をたくさん聞いた。
 肌でも感じた。
 切なくなった…。
 怒りも感じた。
 そして、いつの間にか身近になっていた。

 私は何か大きなことができるわけではない。
 が、叔母の話を忘れずに
 後世に伝えて行かねばならないと思う。
 久しぶりに叔母の声が聞きたくなってきた。



nice!(5)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

今まで私にできなかったこと。 [└ たまにゃ真面目に語らせろ]


 今まで私にできなかったこ

 過去との決別?

 最近古い知り合い(だと思われる)と
 ネットの中で接することがあって
 改めて昔の自分が
 嫌なヤツであり
 対人コミュニケーション障害であり
 しかも自分でもそれを自覚していることを思い知りました…。

 わかってはいることなのですけど
 少し凹みました。
 障害や不安定な精神から来ていたものとは言え
 過去の自分を恨めしく思いました…。

 でも、今回はそれを自覚していて
 多分、よく思われてないことが予想できたので
 それが当たっていても
 多少の凹みで済みました。

 私、少しずつ過去との決別ができてきていると思います。
 完全じゃないけど
 少しずつ…少しずつ…。

 今までかなり自覚していたけど
 心のどこかであがいていたと思うのですよ。
 過去は消せないから
 この先、一生続く悩みだと思っていたのですよ。
 それはそうなのですが
 いつまでもそれを引きずっていても
 悔いていても
 過去は変えられないのですよね。

 けど…
 今からの印象は変えられると思うのです。
 過去は最低なものでも
 未来は違うものなのだと…。

 だからって、積極的に人と付き合おうって気持ちは薄いです。
 そこは対人コミュニケーション障害を自覚してますから…。

 過去、人と接しているとき
 私の発言で困った顔や怪訝そうな顔をすることがあることを
 十分に感じ取っていました。
 私は空気が読めないのではなく
 反対に敏感過ぎるのだそうです。

 この先、それを回避しながら
 慎重に付き合っていくとしても
 どこかほころびが出るだろうし
 とても気を使うだろうし
 疲れちゃうだろうし
 分をわきまえることも必要だろうし…。

 それよりも自分が楽になれるスタンスを大事にして
 疲れないようにすることが大事だと思うのですよ。

 過去って消せないですけど
 決別したっていいことだと思うのです。
 過去失敗しているからこそ
 未来は失敗をしないようにセーブすることもいいかなって。
 逃げとしてセーブするのではなく
 私なりに発展的にセーブするのだと。
 そういうのがあってもいいかなって。
 自分が納得してるからいいかなって。

 あぁ、言いたいことが上手くまとまらないけど
 とにかく私は私の害にならないように
 人の害にもなはないように
 人との付き合いは最低限のものにしたいと思いました。
 それも一種の過去との決別なのかな、と。
 今までできていなかった、過去との決別なのかな…と。


 
nice!(7)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の10件 | - └ たまにゃ真面目に語らせろ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。